日本史・世界史

日本史・世界史は両方とも範囲が膨大でどうしようか悩みました。 最初はセンター用の「はじめからわかる日本史B(全2冊)」「はじめからわかる世界史B(全2冊)」を購入し、日本史を一度通読したのですがあまりの分量にこれは無理だ … 続きを読む

カテゴリー: テキスト・参考書

生物・地学

生物、地学は、地理などと同様に比較的とっつきやすい科目ですね。 私の場合は勉強時間の関係で、生物と地学の優先順位を低くしていましたので、次の薄い本を選びました。 ☆テキストはコレだけ! 「20日間で学ぶ生物・地学の基礎」 … 続きを読む

カテゴリー: テキスト・参考書

倫理(思想)

倫理は出ても1題くらいですので勉強する気にならないかもしれませんが、私の場合は数学・化学・物理・古文を捨てることにした結果、倫理が残りました。 暗記だけで済みますし勉強しやすい科目と言えるでしょう。 ☆テキストはコレだけ … 続きを読む

カテゴリー: テキスト・参考書

文章理解(現代文・英語)

現代文(国語)と英語は民間経験者採用試験では比較的出題数が多い科目です。 化学や物理、生物などの出題が減ったり全く出なかったりすることがあるのに比べ、現代文や英語は減ることが殆どありませんので、相対的に比率が高くなったり … 続きを読む

カテゴリー: テキスト・参考書

時事問題

時事問題は数的処理と同じくらい出題数が多い重要科目です。 社会人としての教養を試される分野でもありますので、面接のことも考えると最も大切な分野とも言えるでしょう。 ☆テキストはコレだけ! 公務員試験 速攻の時事 公務員試 … 続きを読む

カテゴリー: テキスト・参考書

試験直前

試験勉強を始める際にはまず年間スケジュールを考えますよね。 この際、試験直前の1週間程度は必ず総復習に充てることをお勧めします。 異なる試験日にいくつかの自治体を受ける場合は、その試験ごとに直前復習を行いましょう。 とい … 続きを読む

カテゴリー: 民間経験者採用試験について

捨てる科目

前回、科目別出題数を見てみましたが、社会人のように時間的余裕が無い人の場合、全教科の勉強は出来ないことが多いでしょう。 その場合はあっさり捨て科目を決めてしまいましょう。 数学・物理・化学・古文など1~2題しか出題されな … 続きを読む

カテゴリー: 民間経験者採用試験について

科目別出題数

やはり出題数の多い科目に力を入れて勉強するべきですので、どのような内訳なのかが気になりますね。 この辺りは自治体やその年度によって変わってきますが、例えば全45題の場合であれば次のような内訳が多いでしょう。 政治・経済 … 続きを読む

カテゴリー: 民間経験者採用試験について

ボーダーラインは何割か

一般的に公務員の筆記試験では6~7割くらいが合格のボーダーラインと言われているようです。 しかし先述のとおり民間経験者採用試験は試験問題の難易度が低めであるため、しっかり勉強した人なら7~8割の点数を取る人が続出すると思 … 続きを読む

カテゴリー: 民間経験者採用試験について

民間経験者採用枠の出題傾向と難易度

一般的な公務員試験の対策本・勉強法などを読むと、公務員の筆記試験は半年程度ではとても勉強できないほど試験範囲が広いのではないかと思われるかもしれません。 しかし、民間経験者採用枠に関しては事情が異なります。 まず、民間経 … 続きを読む

カテゴリー: 民間経験者採用試験について