科目別出題数

やはり出題数の多い科目に力を入れて勉強するべきですので、どのような内訳なのかが気になりますね。
この辺りは自治体やその年度によって変わってきますが、例えば全45題の場合であれば次のような内訳が多いでしょう。

政治・経済 4
社会・社会事情(時事) 5
思想 (倫理) 1
日本史 2
世界史 1
地理 1
文学・芸術史 1
数学 0
国語 1
英語 1
物理 1
化学 2
生物 1
地学 1
古文 1
現代文 4
英文 4
判断推理 7
数的推理 5
資料解釈 2
合計 45題

民間経験者採用試験の場合、全部で40題(120分)というケースも多いですが、この場合は理数系が減ったり、歴史が一問も出なかったりといろいろなケースがあります。

余談ですが、新卒採用では全50問120分ということが多いと思います。
民間経験者採用試験の場合、多くは40題120分あるいは45題120分ですので時間的にも易しくなっていると言えるでしょう。

カテゴリー: 民間経験者採用試験について   パーマリンク

コメントは受け付けていません。