捨てる科目

前回、科目別出題数を見てみましたが、社会人のように時間的余裕が無い人の場合、全教科の勉強は出来ないことが多いでしょう。

その場合はあっさり捨て科目を決めてしまいましょう。

数学・物理・化学・古文など1~2題しか出題されない科目のうち、苦手なものを選んで勉強しないことにします。

私の場合、数学、化学、物理、古文を捨て科目としました。

実際の試験では古文や化学が出ましたが、他の科目で点を取れる自信があったので落ち着いて対応することが出来ました。

ちなみに私は地理や生物、地学、倫理は捨てずに勉強したのですが、これらは殆ど暗記だけでこなすことが出来、数学、化学、物理よりも比較的初学者が取っつきやすい科目なのです。

カテゴリー: 民間経験者採用試験について   パーマリンク

コメントは受け付けていません。