政治・経済

この科目は大事です。
特に普段あまりニュースを見ない人、政治に興味が無い人、衆議院と参議院ってどう違うの? という人はしっかり勉強する必要があるでしょう。

時事と合わせると出題数も多い傾向にあります。

この科目はセンター入試用のテキストが良いです。

☆テキストはコレだけ!
改訂第2版 センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本

これは良本です。

私は普通に「面白い」と思いながら読めました(実際に私が買ったのは改訂前のものでしたが)。
この参考書に書かれていることは、社会人の教養としても大事なことばかりですからちゃんと覚えられるまで3回くらい読みたいところです。

勉強時間や本の分量を考えると丸暗記は不可能と思いますが、そこまで一字一句暗記しなくてもある程度記憶に残っていれば問題は解ける筈です。
その目安が私としては3回通読というところでした。

この政治経済のテキストはセンター試験用ですから高校の授業レベルです。
それだけで良いの? と思うかもしれませんが、これをマスターすればあとは時事をやるだけで大丈夫でしょう。
IS・LM分析などは民間経験者採用試験では必要ないと思います。

また政治経済に似た教科として「現代社会」という科目がありますが、これは「政治経済」+「時事」と内容が重複しますので、別途勉強する必要は無いでしょう。

カテゴリー: テキスト・参考書   パーマリンク

コメントは受け付けていません。